×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

powerd by 楽市360

ラベンハムのキルティングジャケット

私とラベンハムとの出会いからもうどれだけ経ったのでしょうか?最初にラベンハムのキルティングジャケットを見たときの衝撃は忘れません。まるで裏地のような見た目。でも、これが着てみるとスゴイ。とっても暖かく、心地のいいものでした。今では、ラベンハムは私の冬の定番アイテムとなりました。カジュアルシーンからビジネスシーンまで、ラベンハムのキルティングジャケットは全てをカバーできます。スタイリッシュかつ実用的。ラベンハムのキルティングジャケットは冬の定番アイテムです。

ラベンハムと乗馬

ラベンハムは1969年にイギリス北東部にある小さな村で設立しました。

ラベンハムという名前は、その村の名前からきています。

創設者のエリオット女史は、元々はエリザベス女王に仕えていた女官だったそうです。

エリオット女史はエリザベス女王の乗る馬にかける保温用のブランケットをキルティング生地を用いることを発案します。

それが、ラベンハムの生まれるきっかけとなりました。

エリオット女史の考案した、馬のキルティングブランケットはその性能の良さから、王族のみならず、またたくまにイギリスの乗馬用具業界で人気となりました。

それから時を経ずに、馬だけでなく乗馬愛好家のジャケットを作ってくれと要望が上がって、ラベンダムは本格的にブランドメーカーへと活動を開始したのです。

そして、ラベンハムの地位を確固たるものにしたのが、ダイヤモンドキルティングジャケットというわけです。

ラベンハムのダイヤモンドキルティングジャケットは日本でも広く受け入れられ、今では有数の有名ブランドとして、日本でもその名を知られるようになりました。

ラベンハムの品質

ラベンハムの高い人気は、そのデザイン性もさることながら、安定した品質性の保持による所が大きいのではないかと言われています。

ラベンハムは一貫して、最も耐久性の良い素材を選んで、一着ずつ丁寧に作っているので、とても丈夫に出来ています。

そうなのです。ラベンダムはこれほどまでに大きいブランドに成長しておきながら、自社製作を行なっているのです。

人気が出てくると、下請け会社や工場に製作を行なわせるブランドが多い中、ラベンハムは全てを自社で作り上げるという精神を今でも持っているのには、驚きました。

また、ラベンダムは全てを自社で製作しているため、ユーザーのどんな要望にも応えることが可能であり、それがため、満足度の高い製品を提供することが出来るのです。

ラベンダムの有名なダイヤモンドキルトだけでなく、要望があれば馬やイギリスの地図の柄のキルトを作ってくれるんだとか。

その柔軟な対応力が、ラベンハムの人気に一役買っていることは間違いないようです。